パブリッククラウドとプライベートクラウドとは?

LINEで送る
Pocket

はじめに

cloud_3

以前の記事ではSaaS/PaaS/IaaS等、クラウドサービスにおいてのサービス提供範囲での分類について書きましたが、今回はそのクラウドサービスがどのように提供されているかと言う「パブリッククラウド」と「プライベートクラウド」と言う形態について書いて行きたいと思います。

以前の記事

特徴・メリット

パブリッククラウド

・特徴

 クラウドプロバイダーが持っている環境(ハードウェア環境や通信回線等)を、サービスを使用しているユーザ全体がインターネットを通じて共有する形態です。

 有名なクラウドプロバイダーとしては、Google、Amazon、Microsoftなどです。

 基本的に使用者は環境を借り受ける形なので、企業だけでなく個人向けでもある形態です。

・メリット

 手軽に環境を調達できる

  →ユーザは用意されているインフラ環境を借りて使用するため、契約すればすぐに環境が手に入ります。

 運用が容易

  →OSバージョンアップやセキュリティなどのメンテナンスをクラウドプロバイダーに任せられるため、使用者は運用のコストを抑える事が出来ます。

プライベートクラウド

・特徴

 サービスを使用する企業自体がインフラ環境を準備する形態です。

 企業が自分でインフラ環境を構築・運用する「オンプレミス型」と、インフラ環境はクラウドプロバイダーが用意し、そのシステムの一部を企業が占有する「ホステッド型」の2つの型があります。

 どちらも使用者が環境を構築するため、個人向けではなく企業向けの形態となります。

・メリット

 柔軟な環境を用意できる

  →使用者が初めから環境を構築するため、OS・ミドルウェアバージョン、回線等、好みの環境を用意出来ます。

 独自のセキュリティ対策も可能

  →使用者のクローズドなシステムとなるため、企業独自のセキュリティポリシーを適用する事が出来ます。

まとめ

簡単に言うと、パブリッククラウドは初期費用を抑えてすぐに環境を用意できる形態。プライベートクラウドは柔軟な設計が出来る占有環境が用意できる形態となります。

国内企業はセキュリティを考えクローズドな環境を好む事から、プライベートクラウドの方が需要が高いようです。

 

関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − two =