kubernetesを使うと何が出来るのか?概要を紹介

LINEで送る
Pocket

はじめに

kubernetes_logo

以前の記事で「コンテナ仮想化」や「docker」についての記事を書きましたが、今回はこれに関係するツールである「Kubernetes」についての概要と、どんな事が出来るのかを書いて行きたいと思います。

 

概要:dockerとkubernetesの関係

dockerとkubernetesの関係を理解するための概要としては、以下となります。

 

  • docker
    • 仮想化技術の一種である、コンテナ仮想化の技術を使用するためのツール
    • 仮想化のためのオーバーヘッドが小さく、容量も軽量化が可能
    • コンテナの起動・停止が高速
    • 構成がシンプルで、別環境への移行が容易

 

  • kubernetes
    • 複数のdockerコンテナを効率よく管理するツール:「オーケストレーションツール」
    • クーバネティスやクバネテスと読まれ、k8sと略される事もある
    • googleが開発したシステム
    • 複数のコンテナをまとめてデプロイ
    • サービスの負荷に応じて、コンテナを自動でオートスケール可能
    • サービス稼働中に新機能をロールアウト/ロールバック出来る

 

dockerとコンテナ仮想化については、以下に記事を書いています。

 

kubernetesで何ができるのか

kubernetesでどんな事が出来て、何が便利なのかと言うと、こんな感じでしょうか。

 

  • 複数のホストをまたいだ複数のコンテナを一括で管理出来る
  • 特定のホストに障害が生じても、状態変化を検知し、自動的に稼働しているホストにコンテナを起動し直すため、障害対応の手間が削減される
  • サービスへの負荷増加を検知し、自動でコンテナ数を増加させて機能拡張させる事で、サービスダウンを未然に防ぐ事が出来る
  • サービスへの負荷増加が収まった事を検知し、自動でコンテナ数を減少させる事で、余剰リソースの使用を防ぐ事が出来る
  • サービス稼働中に無停止で機能の追加や改修のリリースが出来るため、サービスリリース後のメンテナンスが容易となる

 

まとめ

このように、dockerでも少数のコンテナを使用してサービスを構築する事は出来ますが、サービス提供後の運用やサービスが拡大していった後の拡張性を考えると、kubernetesのような管理ツール(オーケストレーションツール)が有効となってくる事が分かるかと思います。

次回以降では、kubernetesのチュートリアルを用いて、実際のkubernetesの動きを見ながら、さらに理解を深めて行きたいと思います。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 5 =